レッスン中にオスワリやフセなどの練習をする事が良くあります。

レッスン生の飼い主さんからしてみると焦れったい!と思われがちなのですが、実はとても大切です。
コマンド(指示語)に反応する=飼い主さんの言葉を良く聞こうとする

ということになります。

名前を呼んでも反応しない

呼んでも来ない

などのお悩みはスッキリ解消してあげる事ができるのです。
名前を呼んだらアイコンタクトをする

オイデと呼ばれたら来る

オスワリと言われたら座る
当たり前のようなことですが初めからできる犬はいません。

環境、人、状況が変わればいつも出来ることが

出来なくなってしまうこともしばしば。

そこでしっかりと伝えることがミソになるのです。
コマンドに対して反応するというのは

犬と飼い主さんとの会話だと思います。

コマンドが増えれば増えるほど共通の言葉も

必然的に増えていきます。

新しいことが出来るようになったときの嬉しさって

愛犬にもしっかり伝わります。

楽しい時間を共有することで犬は飼い主の価値が

もっともっと上がっていくのです。
話は変わりますが皆さんはJKCで行われている家庭犬訓練試験

というものをご存知ですか?
CDⅠ(家庭犬訓練試験初等科)

1 紐付き脚側行進(往復常歩)

2 紐付き立止

3-5 自由選択3課目 

例)停座及び招呼、伏臥(フセ)、おまわり、抱っこ、寝ろ、チンチンなど
これらの試験を目指してる方達の絆って

とても強いなといつも感じます。

楽しく遊びながら試験合格を目指すも良し!

今どのくらい出来てるかな?と競技会で点数を見るのも良し!

私が初めて競技会に出して愛犬の名前で賞状やトロフィーを貰った時

とても嬉しかったのを記憶しています。

愛犬との趣味としてチャレンジしてみたい方を

ドッグスクールメリリーでは全力でサポートします♬

船橋、鎌ヶ谷、習志野、八千代周辺で

犬のしつけにお困りの方はDog school Merrily-ドッグスクールメリリー-までお問い合わせください