子犬を迎え入れたら、食費や医療費、グルーミング費用

色々と費用はかさみますよね…

ただ必要な事へだけの投資だけで済むかといえば答えはNOです。

避妊手術、去勢手術も考えなければいけません。

これらの手術は病気の予防としても効果があります。

避妊手術の場合

・卵巣嚢腫、卵巣腫瘍

・子宮蓄膿症

・乳腺腫瘍(但し、初回発情前に卵巣を摘出した場合)

去勢手術の場合

・精巣の腫瘍

・前立腺腫瘍を除く前立腺疾患(前立腺肥大、前立腺炎)

・会陰ヘルニア

・肛門周囲腺腫
また、何よりも望まない命の削減する事ができます。

メス犬の場合一度ヒートが来てしまうと

乳腺腫瘍の確率はぐーんと上がります。

私達人間でも想像妊娠というものがありますが

人間以上に犬たちは想像妊娠し易いです。

発情がきた回数と避妊手術をする時期により

乳腺腫瘍の発生率は違うと言われています。

具体的には、初めてのヒート前に

避妊手術を受けたメス犬が乳腺腫瘍になる危険性は

避妊手術を受けていないメス犬の約0.5%。

また、初ヒートと2回目の発情のあいだに避妊手術を受けた場合は約8%。

発情2回目と3回目の間に避妊手術を受けた場合は約26%に減ります。

最初の発情の前に避妊手術をすることによって、乳腺腫瘍を避けることができます。
ヒートを重ねる毎に病気のリスクが高まる事をどうかご理解ください。
また、しつけ的観点からみても避妊去勢はとても有効です。

特にオス犬はマーキングや、攻撃行動など

α(ボス)と自覚する前に性の感性を無くすことにより

問題行動の予防にも大きく繋がります。

話は変わりますが今突然大震災が起きて
自分達の事が必死になり人も犬も助かる可能性があるとしたら

犬をそのまま離したりしませんか?

ペットを飼っている場合同伴避難が原則としてありますが

パニックになっている最中そこまで人は頭が働くでしょうか。
留守中家が壊れて逃げ出す可能性もあります。

仮に、一度離れたペットと再会出来たとして

その愛する愛犬が身籠っていた場合責任は取れますか?

メス犬の場合飼主さんは必死になり動くかもしれません。

しかし、未去勢の犬の場合まさか自分の犬が

他所の犬と子供を作ってしまったなんて思いもしませんよね。

そうなった時に産まれてきた犬達は全頭幸せになれるでしょうか?

ありのままの姿でいて欲しい。
病気でもないのにメスを入れるのは不自然。

そういった考えがあることも承知しています。
愛犬の子供を見てみたいと言う気持ちも
一飼い主としてとても理解できます。

犬の受胎数は私達人間とは違いとても多いです。

ジャーマンシェパードのすずなは11頭兄弟です。

シェルティのドルチェは5頭兄弟です。

産まれたら安く譲れば良いと考える方もいるかもしれませんが

それは違法です。

生体をお金でやり取りする為には動物取扱業の販売が必要です。

じゃあ里親にだせばいいと思うかも知れませんが

純血種の里子が出ていればもしかしたら

その犬種が欲しい方が集うかもしれません。

その方達は、里子に出会わなければブリーダーさんから購入していた可能性もあります。

それはその職業をしている方達の営みを

妨害しているかもしれないという事を

良く考えて欲しいと心から願うばかりです。

ぐだぐだと書いてしまいましたが、全頭避妊去勢して欲しいと言うわけでもありません。
避妊去勢によるデメリットもあります。
手術を行う方がリスクが高い子も居ます。

ただ、犬を飼うということにそのような選択も
した方がいいこともあるということを覚えておいてください。
迷っていてふんぎりがつかない場合プロのアドバイスを
煽ぐことによりより良い結果に繋がれると思っています。
————————————————————-

船橋、習志野、八千代、鎌ヶ谷周辺で

犬のしつけにお困りならドッグスクールメリリーへ♬

プロのドッグトレーナーにお任せください!